都市伝説「赤い部屋」バージョン2:タクシー運転手と赤い女





先日、アトラスでは少し前に流行った都市伝説「赤い部屋」について紹介した。この「赤い部屋」の都市伝説はネットを中心に広まったためか、別バージョンの話が非常に多い。

今回紹介するのはまた別のパターンである。

あるタクシー運転手が、真夜中に女の客を拾った。この女が不気味な出で立ちであった。

「○○町までお願いします」

赤い服に、赤いバッグ、赤い靴に赤い口紅。上から下まで”赤い”もので身を固めている。

運転手は女のことを訝しんだが、夜中の貴重な客である。女の告げた行き先に急いだ。林道を抜けた先にその洋館はあった。えらく古い建物のようだ。

「お客さん、着きましたよ」

運転手の言葉に女は無言のまま料金を払い降りていった。

『妙な女だな』・・・運転手はハンドルにもたれかかりながらつぶやいた。女の降りた場所は、森の茂みの中の洋館の前。森の奥に赤いレンガ作りの古い屋敷が見える。

『旧家のお嬢さんか、それにしてもファッションセンスが悪いな、その上、自宅も赤いレンガ作りかよ。どういう趣味なんだ』彼は女の後ろ姿を追いながらも、こみ上げてくる好奇心を押さえきれなくなった。

『あの女、どういう生活してるんだろう』運転手はそっと、女の後を追った。女はまるで運転手の事など気にもしないで、レンガ造りの赤い洋館に消えた。




これはチャンスだ。『ようし、あの女の正体を暴いてやれ』運転手は女の消えたドアの前に立つと鍵穴から中を覗いた。すると、部屋の中が見えた。

「…んんっ!?なんだこれは」

運転手は絶句し、息を呑んだ。壁と言わず、床と言わず全てが赤い。赤い椅子に、赤いテーブル、赤い家具の数々。

「わわわわっ、なんだよこの家」

腰をぬかしドアノブから離れる運転手。まるで血を塗りたくったような部屋が自分の瞳に焼き付いている。まるでこの屋敷は、”赤い部屋”じゃないか。

すると、耳元で女がささやいた。

「赤い部屋はお好きですか?」

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る