謀略?神社本庁離脱に関する陰謀?富岡八幡宮の宮司や関係者4人が死傷

2017年12月7日、富岡八幡宮の付近で男女4人が血だらけで倒れているのが発見された。

男性1人は意識があるものの、残る3名の意識はなく重体であるという。 この4人のうち1人は宮司らしい。

この事件と関係があると思われるのは、富岡八幡宮が行った神社本庁からの離脱である。宮司の人事を巡って神社本庁と対立したのが原因だというか、この離脱に関しては快く思っていない関係者が多かったという。

現場付近には日本刀とナイフが落ちており、何らかの勢力から指示を受けたヒットマンが襲ったとか、富岡八幡宮の関係者4人がお互いに殺しあったとか、様々な陰謀論が噂されている。

アトラスでも今まで「千葉神社」「徳島眉山天神社」などを紹介してきたが、神社はあくまで人の憩いの場所であるべきだ。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る