「猫吸い」を坂本美雨が世界に広めた!?坂本家は猫が好き過ぎるファミリー

11月8日、TBS系列の番組「トコトン掘り下げ隊! 生き物にサンキュー!!」にて放送された猫と坂本美雨に関する話である。

まず、猫は大変興味深い生き物である。過去にアトラスでも様々な記事を掲載してきた。「複数の町から黒猫が消えた」「阿波の化け猫騒動」「2匹の猫が見ていたポルターガイスト」「チュパカブラが愛猫を食い殺した」などが人気の記事である。

さて、「猫吸い」という言葉が最近流行っている。猫の身体に顔を突っ伏して匂いを嗅ぐ行為だが、今や一般的な言葉となってしまったようだ。

この「猫吸い」という言葉を作ったのはミュージシャンの坂本美雨である。坂本はSNSで「猫は吸うもの」という名文句を発信し大きな話題となった。

「猫吸い」のやり方は簡単で、猫の両手をバンザイさせて寝かせる。そこに顔を埋めてリラックスしながら大きく呼吸するのだ。他にも「肉球吸い」「マイケル吸い」という変則技もあると言うのだ。

実を言うと彼女の父親である坂本龍一も猫が好きで、実家ではかつて4匹の猫と暮らしていたと言うのだ。一方、母親の矢野顕子も猫が好きで、飼っていた犬にさえも「NEKO」と言う名前をつけていたという。

まさに猫好きエリート一家だ。今後も猫好きとして今以上のユニークな活動していっていただきたい。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事
坂本龍一、謎のメッセージ!「SN/M比 50%」は秘密結社の暗号?性癖?
【閲覧注意】猫又?九尾の猫?謎のモフモフ未確認生物の正体は?
【可愛いけどチョット怖い】「犬」や「人間」になりきるスーパー「猫」急増中!? 
浅香光代の愛猫ラッキーキャット「太郎くん」 、その実力!
噂のUMA再び!幸福になる謎の”猫人間メール”が送られてきた!?

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る