筆者の友人である中津川昴などアカシックレコードリーダーの出現で、再び”眠れる予言者・エドガーケイシー”に注目が集まっている。ケイシーは、1877年3月18日にアメリカのケンタッキー州にある農場の息子として生を受け、眠りながら行うリーディングで多くの人を救ったとされている。 1945年1月3日、バージニア・ビーチで天寿をまっとうしたが、その業績に関しては、賛否両論である。

 エドガー・ケイシーは、1998年頃日本が沈没すると予言しており、ノストラダムスの1999年の予言と合わせて、昭和の子供たちを恐怖のどん底にたたき落とした。




 的中した予言も多く、菊芋による糖尿病改善策を代表として数多くの難病の治療方法をリーディングによって導き出しており、近年では過去のリーディングデータの中から、エイズ治療に効果的な手法が見つかったと言われている。

 彼自身がフリーメイソンのメンバーであったとか、グレート・ホワイト・ブラザーフッド「聖白色同胞団」に取り付かれてと指摘する声も一部にはある。

 このように評価の高いケイシーだが、彼が大の日本嫌いであったことはあまり知られていない。当時のアメリカと 日本との政治的な対立を考えた場合、ケイシーの反日主義も理解できなくはないが、その過度な反日感情が「日本沈没」という予言を生み出した可能性はある。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

※画像は『エドガー・ケイシー: 奇跡の癒人 フィックス版』表紙より

エドガー・ケイシー




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る