【速報】「ツナ缶にゴキブリが!」はごろもフーズは公表せずに大炎上!今すぐ確認しろ!

報道によると、缶詰商品を販売する「はごろもフーズ」は2014年12月に製造した「シーチキンLフレーク」にゴキブリが混入していたことを明らかにした。

判明したのは今年10月13日、山梨県甲府市に住む50代の女性が甲府市内のスーパーでツナ缶(2014年12月製造)を買ったとところ「ゴキブリが入っていた」と訴え、はごろもフーズの社員が該当の缶詰を回収し事実を認め、女性に謝罪したという。




はごろもフーズは「同様の申し出がなく他の商品への混入はない」とし商品の回収は行わない姿勢だが、この報道に対しネットでは炎上とともに辛辣なツッコミが多数入っている。

「缶詰は保存食として購入するため購入後にすぐに食べない」
「2014年製造の缶詰なら開けるのは2年後。申し出がないのは当たり前」




と、缶詰の食べ方を製造メーカーが全く理解していないという声のほか、「油はゴキブリの大好物。油タップリのツナ缶はぺヤングレベルじゃない」と複数の缶詰に混入の可能性を不安視している。

ぺヤングは焼きそばのなかにゴキブリが混入していた事件で即日販売を中止している。

(文:ミッチェル横山 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る