【速報】本日1時46分、阿蘇山噴火・・・「46分」は災害発生が高確率?

気象庁は10月8日1時46分に、阿蘇山で噴火が発生したと発表した。



深夜ではあるが火口付近では大きな噴石に注意するよう呼びかけている。

噴火のニュースと同時にネットでは「1時46分」という時刻に注目が集まった。

なんと、近年大規模な災害や事件が発生した時刻はほとんど「46分」なのだという。

以下、一部ではあるが列記する。




1995年1月17日 阪神淡路大震災 5時46分
2001年9月11日 アメリカ同時多発テロ 8時46分
2011年3月11日 東日本大震災 14時46分
2016年10月08日 阿蘇山噴火 1時46分

上記の表には自然災害ではないアメリカ同時多発テロも含まれており、関連性および法則性は不明ではあるが、編集部では何かの自然率を解く鍵になるかと思い列記されていただいた。

上記の法則はまったく偶然の可能性は高いが、気になる法則性のため調査段階ではあるがここに公開させていただいた。

さらなる情報を解析し次第、続報をお届けしたい。

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る