高畑事件担当は「大物芸能人」御用達の弁護士事務所だった!





俳優・高畑裕太の暴行致傷事件の不起訴・示談が決定してから約2週間が経過した。

高畑裕太は9月9日に前橋署から出てくる際、弁護士とともにマスコミ陣に謝罪して以降、某病院に入院中との報道が発表されて以降は音沙汰がない。

また高畑裕太を担当した弁護士は「女性への暴行致傷」という事件にも関わらず若い女性が担当だったとのことで注目を集めているが、彼女が所属しているとされる弁護士事務所は「大物の芸能人・政治家御用達」の”あの有名事務所”だったのかと、取り沙汰されている。




高畑裕太を担当した弁護士事務所の代表は芸能界・政界に顔が広く過去には古くは三浦和義のロス疑惑、野村沙知代の学歴詐称疑惑、最近では佐村河内守のゴーストライター問題、江角マキコの長嶋一茂自宅落書き騒動など社会的事件からワイドショーのゴシップまで広く扱っていた。

また、政界の問題も担当しており鈴木宗男汚職事件のほか、小沢一郎「陸山会」事件など、大きなスキャンダルの顧問弁護士として動いていた事務所でもある。

異例のスピード解決となった事件であったが、今後をどうするかは本人の問題であり、退院後は高畑本人の動向に注目されている。

(文:横須賀小禄 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る