今は亡きマイケル・ジャクソンには、実子であるということがかなり確率の高い、隠し子がいる噂がある。

ブランドン・ハワードという人物であり、現在アメリカでミュージシャンとして活動中である。

しかも、彼の母親のミキ・ハワードは、マイケル・ジャクソンの名曲のひとつ「ビリー・ジーン」のモデルであり、彼女のストーカー体験をマイケルが曲にしたものだとう。

この都市伝説はどこまで本当なのか?

事実、ブランドン氏の母親はスタッフとして、マイケルのツアーに参加しており、言わばマイケルファミリーだった。

このブランドン氏の年齢は公表されていないが、30歳前半と言われており、マイケルが22歳だった頃にミキと深い仲になり、その後にブランドンを授かることになれば、可能性は充分にある。

しかも、「ビリー・ジーン」が世に出た時期、1982年頃にほぼ一致する。

それだけではない。

マイケルの父親であるジョー・ジャクソンもかつて、

「実はマイケルには隠し子がいるんだ」

と明言しており、この話からも噂に関しては、かなり信憑性が高いという。

関連動画

B. Howard – Dancefloor

 




関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る