5月24日、人気アイドルグループKAT-TUNの元メンバー、田中聖が大麻所持の疑いで逮捕された。

 田中聖は2013年に所属していたジャニーズ事務所との契約を解除後、5人組バンドINKTの一員として活動。新天地での活躍が期待される途中での逮捕であった。田中は容疑を否認しているものの、元メンバーとはいえジャニーズのアイドルグループから逮捕者が出た、という事実は世間に衝撃を与えている。




 今回の田中聖逮捕のニュースについて、ショックを受けているのはジャニーズファン以外にも多数おり、特にテレビ朝日の時代劇ドラマ『必殺シリーズ』のファンは今回の逮捕に対し「信じられない‥・」と落胆しているという。

 田中は2009年に制作された連続ドラマ『必殺仕事人2009』で糸と針を使って悪人を退治する「仕立て屋の匳」を演じ、オールドファンからも高い人気を得ており、出演はジャニーズを退所する2013年まで続いていた。
 今回の田中の逮捕をうけて必殺ファンの間では「『必殺仕事人2009』はシリーズ初の完全封印作品になるのでは?」という噂があるという。

 前述のとおり、田中は2013年のジャニーズ退所時に『必殺シリーズ』を降板しており、2014年以降は番組内において生死不明の扱いとなっていた。
 退所後に発売されたDVDBOXなどの紹介文には田中の名前は不自然に消去され、仕立て屋の匳の存在自体が無くなった状態となっているほか、田中の出演している『2009』~『2013』のシリーズは地上波およびCSでの再放送が遠慮されていた。

 これは『必殺』のキャスティング権に大きな影響を持つジャニーズ事務所が、解雇した田中聖の映像を出さないよう各局に調整しているのではと噂されていて、「田中の出演していた必殺シリーズはタブー扱い」と断言するテレビ関係者も多いという。




 さらに今回の逮捕報道で『必殺仕事人2009』の「タブー化」がますます加速するのは間違いなく、近いうちに「完全封印」となってしまうのではないかと言われている。

 なお『必殺仕事人2009』は人気キャラクター中村主水を演じる藤田まことがレギュラー出演した最後の必殺シリーズであり、資料的な価値もあるため、今後のテレビ朝日の動向に注目が集まるのは間違いないだろう。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像は『必殺仕事人2009公式ガイドブック』表紙より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る