林間学校にて

投稿 焼きそば聖人さん

山口敏太郎さま

こんにちは。以前、悲しい顔をした40㎝の宇宙人に拐われそうになった「焼きそば聖人」です。

先日、山口先生の出演された再放送の番組を観させて頂き、心霊関係の過去の記憶が蘇りました。

数年前、中学校に勤めており2年部を担当しておりました。2年生は夏になると林間学校があり、湖の近くに宿泊するのですが、2年生にとっては大イベントです。特に、夜は肝試し大会があり富士の樹海周辺をグループで巡る内容がありました。

私は昔から霊媒体質なのですが、そのことを周りの先生方は知っていたので、雰囲気づくりとして私が怖い話をすることになってしまいました。

怖い話を始めると、震え始める生徒や泣き出す生徒が出てきてしまったので、少しやり過ぎた部分はありました。

やがて重い空気の中、グループ5人くらいで先頭がライトを持って歩き始めるのでした。途中のポイントでは、我々教職員が隠れて適当に脅かすといった簡単な肝試しです。




私のポジションを最後のグループが通過したので、生徒たちとは一定の距離をとり、教職員もゴール地点に帰るのでした。

終盤にある集団墓地の前で、動けなくなっているグループを発見し、仕方なく一緒に進むことにしました。

その生徒たちは、聞いても頭を横に振るだけで応えてくれません。その途端、背後から老人の唸り声が聞こえ、寒気に襲われました。その声を聞いたのは、私と生徒だけでした。恥ずかしながら私も生徒と走って帰りました。

問題は、その後のことです。

全てが終了し宿舎に帰ると、次々と異常な状態になる生徒が出てきてしまい異様な光景でした。先生方から頼まれ全員の応急処置程度の除霊をし、ひとまず収まったのでした。

数日後、生徒たちと授業で再会し、思い出話しで盛り上がりました。

「先生!肝試しでY先生と一緒に立っていた時の顔がマジで怖かった」
「そうそう!あれが一番怖かっ」

生徒たちは、口を揃えて同じことを言うのですが、私はY先生と一緒に立ってはおらず、私もY先生も一人で立っていたのです。

詳しく聞くと、Y先生の背後に私が無言で立っていたそうです。生徒たちに、一人でいたことを伝えると全員が凍りついたのでした。

全員が、もう一人の私を見ていたそうです。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©カズキヒロ ぱくたそ

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る