車が衝突…世界遺産のモアイを破壊!

古代から残る遺跡の保存は現代に生きる我々の課題だ。だが、無配慮な人や心ない人によって傷つけられたり、故意的ではなくとも破壊されてしまう事もある。

世界の七不思議の一つにも数えられているイースター島のモアイに車が衝突、破損してしまうという事態が先日発生した。




2月末、ラパ・ヌイのモアイに島の住民の車が衝突。並び立つモアイの一つが衝撃で大きく破損するという事態が発生した。その住民は停車の際に車止めを設置していたが、ハンドブレーキを外したところ車が斜面を下りだした。車を止めようとしたが間に合わず、車はモアイに衝突してしまったという。

「モアイはラパ・ヌイの人々にとって宗教的価値の高い神聖な遺跡です。今回の事件は島の文化と、考古学的遺産を保全・回復するのに苦労してきた人々に対する犯罪です」とイースター島の先住民のラパヌイコミュニティのカミロ・ラプ大統領は語る。

島の議会は「観光客と居住者の増加により、モアイが立ち並ぶ島の聖地に車が立ち入る頻度の増加」をかねてより問題視していたとのことである。しかし、ついに危惧していたことが起きてしまったと現地紙のエル・メルキュリオ新聞は報じている。




関連動画
Pick up truck crashes into Easter Island sacred stone statue

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Guardian News YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る