【放送事故】生放送で惨劇!水卜もショック、VR体験で出演者大転倒

2020年2月17日放送、朝の情報番組『スッキリ!』(日本テレビ系列)で久々の大規模な放送事故が発生したと話題になった。

この日、放送されたのは、冬季オリンピック種目で氷上の格闘技とまで呼ばれている「アイスクロス」をVRシステムで経験するという内容で、スタジオには大スクリーンとVRゴーグルが用意された。

最初は番組MCのハリセンボン・近藤春菜がチャレンジ。近藤は体感で時速80キロを経験すると汗だくで髪もボサボサ状態に、そして尻もちをつきながらもなんとかゴールできた。ゲーム後に近藤は「平衡感覚はなくなった」「よく飛ぶわ」「VRってこんなに怖いものなんだ」と半ば放心状態であったことから、それだけこのVR体験が大迫力なものであることがよくわかる映像だった。




春菜、どこ行った?

そしてスタジオでは、近藤だけでは画ずらが乏しいと感じたのか、次なる参加者を指名。その人は、なんと番組出演者の中では御年73歳の元読売新聞編集局次長、コメンテーターの橋本五郎だった。実は橋本は前から「VRに興味があった」ということで、自ら志願したのである。

映像がスタート。橋本は快調に滑り始めたのだが、あまりに素早く、真に迫った映像だったのであろうか…すぐに身体を大きく揺らしながら大転倒したのである。

スタジオには緊張が走った……。




春菜の祖母、いい話

しかし、幸いにも怪我もなく、なんとか無事に起き上がった橋本は「バランスを崩してしまった」と笑顔で答えた。ただし無事だといえ、その場に居合わせた番組スタッフからは半端ない緊張感が漂い、また多くの視聴者も観ていてさぞかしヒヤヒヤものだったと想像できる。

週明けのこの日は、メインMCの加藤浩次がインフルエンザを患いお休みだったこともあり、もしこのVR体験でまた出演者のひとりが次の日から欠席を余儀なくされることになれば番組も困ったことになったに違いない。

すると、次のコーナー「クイズッス」で天の声から「いや~、衝撃映像でしたね」と揶揄われた橋本がワイプに映ると、その顔が少しはにかんで見えた瞬間、ようやく視聴者はひと安心したのではないだろうか。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『総理の覚悟 政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る