タクシーに逆ギレ激怒、筋トレ馬鹿タレントCは正真正銘チーズヘッド

ATLASでは今までに芸能人たちの逸話を数多く報じてきた。

中でも特に読者からの反響が大きかったのは、芸能人たちに付きまとう「タクシー」にまつわる話の数々である。

ピンクレディーが首都高の非常階段からタクシーに乗り換えや、大物俳優2世の息子によるタクシーへの冒涜は人気のアーカイブである。

また「タクシーの呪い」を囁かれた、当て逃げ事件を引き起こしたノンスタ・井上は、しばらくの間芸能活動を謹慎する羽目になった。




どうやら芸能界でのタクシーに関する話は枚挙にいとまがないようである。

さて、ここでまた新たなタクシートラブルを取材出来たので報告したい。

トレーニング&プロテイン大好物の筋肉タレントCは常に業界内を器用に立ち回ることができる人物である。絶大な人気や、大きな話題を獲得できるタイプではないが、愛妻家やファミリーマンとして認知されていて、おおむね好人物としての評価が高い。

しかし、そんな好印象のCも、どうやらダークサイドは隠し切れないようである。

それは、Cが某所でタクシーに乗車して、これから向かうはずのテレビ局までの道案内をタクシー運転手に対して説明し始めた時のことである。

筋肉馬鹿とは別の一つの顔である、おバカタレントとしても名高いCは、右折と左折を何度も間違えて運転手に伝え、その度にタクシーはUターンを繰り返す羽目になったという。




自分が本物のバカ者のために陥った事態なのだが、ふてぶてしくもCは逆ギレしてタクシー運転手に対して後ろから座席を蹴る、大声で罵倒するなどの悪態を散々つきまくったという。

「馬鹿につける薬はない」「自慢高慢馬鹿のうち」とはよくいったものだ。どうやら、Cの頭の中はチーズのような脳みそが蕩けているに違いない。

この手の不埒な与太タレントも近々業界から抹消されることは明白だ。

(白井たすき 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©StockSnap PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る