16世紀から閉ざされたリアル「開かずの間」売ります…英で衝撃の物件

「欠陥住宅」はニュースやワイドショーで取り上げられ、変な間取りの物件はネタにされることが多い。

だが先日、イングランド東部のケンブリッジシャー州にて、奇妙な物件が売りに出されて注目を集めている。




問題の物件はケンブリッジシャー州ウィスベックの町にあり、2つの家に挟まれた2階の小さな部屋である。1階は路地になっており、レンガ造りの壁と嵌め殺しになった窓が確認できる。

なぜこんな小さな部屋が注目されているのかというと…なんと、入り口が無くて入ることができないのだ。

この部屋の広さはわずか約12平方メートル、両隣の家とは分厚いレンガの壁で区切られており、ドアも階段もないため中に入ることは実質不可能だという。




この部屋のある建物は16世紀に遡る歴史ある建物だそうで、改築を重ねるうちに閉じられた空間になってしまったものだと思われている。ちなみに、中に何があるのか等は持ち主も全く解らないという。

この部屋は2月20日に130ドルの価格で販売予定とのこと。購入した人がどうやって部屋の中に入ったらいいのかは購入者本人に任されているそうだ。果たして、閉ざされた部屋に入る人は出てくるのだろうか?

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Khusen Rustamov PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る