【放送事故】『朝生』で突然、地震速報!そのとき田原総一朗は?

2020年1月31日深夜に放送された生放送番組『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系列)で、パネラーの田原総一朗が司会の渡辺宜嗣アナウンサーから叱られるハプニングがあった。

この日は『激論!女性国会議員大集合!ド〜する?!男女格差』というテーマで、スタジオでは女性国会議員たちが大激論を交わした。

朝生、田原総一朗が大声で放送禁止用語




すると、番組途中の午前2時7分ごろ、茨城県南部で震度4の地震を観測。番組は議論を一旦中止して、地震についての緊急速報を流し始めた。

この地震は震源地が海に近かったことから、渡辺アナは「津波に注意してください」と注意喚起のアナウンスをした。すると、未だ激論に火が点きっ放しで興奮状態だったのか、それとも地震のニュースが長すぎたと感じたのだろうか、田原が「まぁいいや。地震は次にやるとして」とケアレスな発言。

すると、この一言に渡辺アナが即座に反応。

田原総一朗、スゴイ一言




「田原さん、すいません。放送局には決まりがありまして」「(新しい)情報が入るまではこの情報を流さないといけないのです」「ちょっとお待ちいただきたいと思います」と、田原をたしなめる様子が生放送されたのだ。

田原も「あっそうなの?」とキョトンとし、その後は少し反省の様子も見られて大人しく地震のニュースを聞いていた。

常にリアリティーある激論で、時に思いがけない様々な放送事故とも思える映像を見せてくれる、「朝生」らしい一場面であった。

松本人志、テレ朝出禁を告白

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『対峙-日本を動かした怪物たち- (扶桑社新書)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る