吉兆(江戸奇伝シリーズ)

輪池堂 

小田原さまは吉事があるたびに、必城の櫓に鯛を一匹据えて縁起を担ぐ習慣を続けています。

数年前のある日のこと、家臣が五~六寸ほどの2匹の鯛を届けにきたので、理由を聞いたところ、浜辺に打ちあがっていた2匹の鯛を偶然見つけたので、これは吉兆ではないかと思い、早速届けにきたそうです。

その鯛を料理して食べたところ、間もなく幕府から召状が届いて、小田原さまは出世することになったそうです。この出来事は人間技とは思えません。素晴らしい器をお持ちになられている方の徳の致すところと言えるのではないでしょうか?




また、御手先頭山本源八郎の家紋は、鳩が吉兆を運んでくるとの言い伝えに因んで、鳥居に鳩の紋です。

元々は新御番という地位だったのですが、ある日1羽の鳩が家に飛び込んできたので、珍しいことがあるものだと思っているうちに組頭に出世したそうです。その後、庭先に5、6羽の鳩がやってきたのを見て、これも吉兆になれば良いなと思っていたら、西丸小十人頭に出世したそうです。

そして、去年の冬は庭先に20羽ほどの鳩がやってきて、年が明けて間もなく御手先頭に出世したと仰っています。しかし、野鳥売り屋などの鳩を扱う商売人もおりますので、私は鳩が吉兆を運んでくるとは一概に言えないと思います。

私は、母の命日に幕府から召状が届いて、関所で仕事をさせて頂くことになりました。また、領地を増やして頂ける召状が届いたのも母の命日でした。

私が十歳のときに母は亡くなったのですが、私は母の遺言を日夜守るように努めておりますので、亡くなった母が私を見守り下さっているのではないかと感じております。

この話を記した手紙を、今は亡き吉田さまに読んで頂いてご意見をお伺いしたことがあるのですが、とても感銘を受ける話であると仰って頂きました。ですから、親が子を心配する想いは、親が亡くなってからも子供を見守り下さるほどの尊いものであるということを、若者たちに言い聞かせております。

※参考:兎園小説




【あとがき】20年ほど前の話になるが、早朝に小銭をみつけて、その日の午後にまとまったお金が入ってくることが続いたので、小銭をみつけるのは吉兆であると思いついたことがある。しかし、そこで欲を出すと逆に損をしてしまうので、吉兆と思われることに遭遇しても欲を出してはいけないのか、それとも吉兆とは単なる迷信だろうかと、未だに疑問に思うことがある。
 
いずれにしても、欲を出さなければ良いだけの話かも知れないが、これがなかなか難しいものである。

鯛は、めでたいの【たい】にあやかって江戸時代から縁起物とされるようになったと伝えられるが、紹介させて頂いた兎園小説の記事には「櫓に鯛を据えて縁起を担いでいた。」とあるので、鯛が縁起物とされる背景には、武運にご利益のある八幡神が関係しているのではないだろうか?

兎園小説が刊行される以前の古書に、人々が鯛を囲んでいる絵が描かれているので紹介しておこう。

そして、鳩について調べてみたところ、鳩が吉兆を運ぶ或いは平和の象徴であるという思想は海外から入ってきたもので、日本古来の社会通念では八幡神の使いと考えられていたようである。

幼子を残して亡くなる母親の、幼子や家族を心配する気持ちは計り知れないものがあるだろう。命日とは仏教用語であり、故人が亡くなった日にあたる、毎月または毎年のその日を指している。〇〇の命日に不思議な出来事が起きたというような話は沢山あるので、【想い】は亡くなった後も現世に影響力を及ぼすものと言えるだろう。

であるから、故人の形見などには故人の様々な思いが込められているので、時として御守りのようなご利益を与えて下さっているのではないだろうか?

参考:兎園小説・ウィキペディア

(前世滝沢馬琴 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る