簡単に摂れる若返りの調味料で霊性もパワーアップ! 

11月14日はアンチエイジングの日!

以前「寒い季節こそ≪気≫の鍛錬が捗る!若返りの脅威の瞑想法」という記事を載せましたが、今回は「気」を活性化できる、手軽に摂取できる食材についてです。気の活性化は若返りに繋がります!

■生姜

血行を促し身体を温めるばかりか、抗炎症作用、鎮痛作用、血液はさらさらに、血行促進作用、殺菌作用、健胃作用、整腸作用と言い事ずくめ。生の生姜だけでなくパウダーの生姜も手軽で良い感じ。

わりと最近発売されたミライノショウガが香り高く、筆者は愛用しています。




■五香粉(ウーシャンフェン)

分かりやすく言うと、中華スパイスミックス。スターアニス(八角茴香)、山椒、花椒(ホアジャオ)、シナモン、クローブ、フェンネルの種等をミックスしたパウダーです。メーカーによって材料が異なります。

カレーやラーメンにも合うし、私の五香粉の合うお気に入りメニューは…「肉団子と桜エビの生姜スープ」、「白子の辛味噌煮」、そして「中華粥」がめちゃめちゃ美味い!

ちょっと漢方のようなニュアンスが加わります。角煮にも合いますよ!レトルトカレーもこれをかけるだけで美味しさが格段にアップ!

■オリジナル ヨギティー

アーユルヴェーダの伝道師ヨギが弟子に振舞っていたというハーブティー。アーユルヴェーダ由来の薬草、有機シナモン、有機ジンジャー、有機カルダモン、有機クローブ、有機ブラックペッパーが入っており新陳代謝を上げるばかりか、リラックスも出来ます。寝る前は勿論、瞑想や氣の鍛錬の前後にも向いてる素晴らしいお茶です。カフェインは入っておりません。




◆脂肪細胞を小さくするシナモン!

新陳代謝活性化による脂肪の燃焼は勿論とても分かりやすいメカニズムだし、多くの人が何らかの方法で実践していますが、脂肪細胞だけはどうにもならないと嘆く人も少なくない…。

脂肪細胞は人によって大きさが異なり、これによって脂肪が付きやすいかどうかが変わるのですが、この大きさは人生で数回変わると言われているものの、いまいちコントロール方法が分かりません…が、しかし実はシナモンには脂肪細胞を小さくする働きがあるそうなのです。

甘味にシナモンがかかってる事があるのは、合理的だったという事ですね。そしてこのシナモンは、先述した五香粉とヨギティーにも含まれています!

今年38歳になる私は若く見られるばかりか風邪も引かず、視力は2.0を保っていますが、これらは「気」のおかげだと思っています。「気」とは、決してオカルティックなだけの概念でなく、精神と身体が繋がるメカニズムを複合的に、考えた神秘的な概念なのです。

YouTube番組『今日は何の日ミステリー』でも「アンチエイジングの日」を取り上げ、他の若返り方法についても山口敏太郎先生と語りました。お気が向いたら、ご覧頂けると幸いです。

関連動画
今日は何の日ミステリー【#3】「アンチエイジングの日」食事や呼吸法で「気」の活性!

由乃夢朗 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る