少年が森でビッグフットと鉢合わせ!?衝撃の動画が撮影される 

近年、アメリカで目撃証言の頻発している未確認生物、ビッグフット。

アトラスでも何度か紹介しているが、目撃者が比較的至近距離で撮影に成功したり、ビッグフットが去った後に足跡を探して追跡していったりという、臨場感に溢れた動画が撮影されて注目を集めた。

そんな中、アメリカの10代の少年が至近距離でビッグフットと遭遇したという動画がネットで話題になっている。こちらは10月20日にYoutube上に上げられたものである。

関連動画
SASQUATCH CREATURE CAUGHT ON CAMERA (100% REAL)




撮影者によると「数週間前、学校の近くでサスカッチ(※ビッグフットの別名)の姿を見つけました。その証拠を見つけようとして、その場所に戻って動画撮影を試みてみました」とのことだった。

動画には暗い道を歩く様子が記録されており、カサカサという音が聞こえたのに対して、撮影者の少年が「何だろう?」とつぶやく声が聞こえる。そしてその数秒後、大きな黒い謎の生き物が少年に向かって突進、少年が悲鳴を上げて反対方向に逃げていく様子が記録されているのだ。




少年いわく、撮影時の時刻は夜8時頃。暗かったためはっきりとは判らなかったが、身長は7フィート(2メートル10センチ)はあったという。また、ビッグフットは少年の方に向かってきたように見えたが、逃げる最中に振り返ったところ、茂みの中へ戻っていったそうだ。

果たして、この動画は本物なのか。残念ながら、ビッグフットらしき生物が一瞬しか映っていない事もあり、単に着ぐるみを着た人物が潜んでいた仕込み動画ではないか、という意見が比較的多いようである。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©LIGHTROAD 12 YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る