2100年前の女性の遺体、iPhoneを持っていた!?

およそ2100年前の遺跡から発見された古代の女性が、まるで現代から取り寄せたかのようなアイテムを身に付けているとして注目を集めている。

考古学者のパベル・レウス氏は、トゥバ共和国の埋葬地から発見された古代の女性、ナターシャの愛称で呼ばれている遺体から、まるで「iPhone」のようなアクセサリーが出土したとして次のように語る。

関連記事

【激震】350年前の絵画にスマートフォンが描かれていた!タイムトラベラーの正体とは?




「この時代の彼女の埋葬は、この遺跡で最も興味深いものの1つです」

実際のところ、このiPhoneのような四角いアクセサリーはベルトのバックルと考えられている。

ターコイズ、カーネリアン、パールの象眼細工が施された18cm x 9cmの大きなベルトのバックルで、中国のコインが装飾の一部に使われていた。研究者らは、コインが最初に造られたときから考えて、女性が最も古くて2,137年前の人物かもしれないとしている。

今回の発見は、2016年にサヤン海のアラテイ埋葬所遺跡にてなされたものだ。ロシア最大の発電所であるサヤノシュシェンスカヤダム上流のエニセイ川にある巨大な人工貯水池の中に存在しており、毎年5月と6月に水が放水されて初めて調査が可能となるため、ロシアのアトランティスとも呼ばれている遺跡だ。




この場所では青銅器時代からモンゴル帝国の時代までの墓が発見されており、永らく埋葬地として用いられてきたことが解っている。以前にも、部分的にミイラ化した先史時代の遺体が発見され、それらも美しい絹の服や革細工に身を包んでいたりしていたという。このアラテイ遺跡からは、110もの埋葬物が発見されているという。

トゥヴァ考古学遠征隊を率いるサンクトペテルブルク物質歴史文化研究所のマリーナ・キルノフスカヤ博士は「昔からの墓荒らしや強盗の被害にも合わず、現代まで残ってくれたこれらの遺物は非常に貴重なものです。この遺跡のおかげで、我々はフン族の富裕層の埋葬を幸運にも確認する事ができるのですから」と語っている。

関連動画
iPhone like chic belt buckle

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©The Siberian Times YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る