2月22日、プロジェクト「MACHINE OF NINJA」デビュー曲リリース開始!





世界中から観光コンテンツとして大きく注目される日本の忍者。数年前から2月22日は忍者の日として制定され、全国各地でイベントやキャンペーンが開催されている。

そんな中、新しい忍者コンテンツとして立ち上げられた音楽プロジェクト『MACHINE OF NINJA』。

2019年2月22日、デビューシングル「引き寄せの唄~陰陽師~」をエイベックス運営BIG UP!から各主要の配信サイトに向けてリリースする。

ボーカロイド「VY1V4」をフィーチャリングし、クラシック要素あふれる癒しの曲に仕上がっている。楽曲はYOUTUBEのMACHINE OF NINJAチャンネルから一部視聴可能。

昨今の音楽業界ではライブコンテンツが盛んになっているが、MACHINE OF NINJAでは楽曲制作に主軸を置く。

さらに、異例となるのが配信リリースにともなうPRツールだ。楽曲のテーマである陰陽師を元に、ミニ漫画「陰陽師と鬼」を制作している。




今後は、観光コンテンツである各地の忍者団体への楽曲提供をはじめ、忍者以外の他ジャンルとのコラボを予定。「忍者界のメロディメイカー」を標榜するMACHINE OF NINJAが音楽界、忍者界の中に潜んでいく。

MACHINE OF NINJAホームページ  https://machineofninja.amebaownd.com/

YOUTUBEチャンネル MACHINE OF NINJA feat.VY1V4「引き寄せの唄~陰陽師」(short.ver)音源が一部視聴可能

  
「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。

(音楽プロジェクトMACHINE OF NINJA)






関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る