パワースポットの効果は科学的に証明されている





オカルトに興味の無い方でもパワースポットには関心があるかと思う。

参拝すると恋愛が叶ったり、志望校に合格する神社、仕事が上向きになるお寺など誰もが関心があるだろう。こちらのATLASでも時々有名な場所が取り上げられてる。

関連記事

パワースポット上毛三山伝説 第壱回

また弊社、山口敏太郎も動画で100本以上紹介している。

パワースポット&縁起物リスト(YouTube)




実はパワースポットの効用は科学的に証明できるのである。

脳は脳細胞同士がシナプスという情報伝達の「手」で繋がる事により活性化される。新しい刺激、楽しい刺激を受けるとシナプスが伸びて、脳のネットワークが活性化するのは判明している。逆に何の変化もない日々を過ごしてると、電源は繋がっているけどデータ配線が繋がってない埃を被ったパソコン状態になる。

いつもの部屋の中で勉強が進まない、仕事のアイデアが浮かばないといった時は、行った事のない所に出かけて脳に刺激を与えると良い。単にパワースポットに行くというよりも、前後の道のりも大事である。

行く途中のサービスエリアでそこだけの朝食バイキングや名物のB級グルメ、電車なら食べた事のない駅弁など、普段の生活では体験できない事で脳が活性化する。現地では500円程度のお守りや、今ならスマホカバーなどのお土産を買うのもいいだろう。




活性化した脳は記憶力が良くなり、数学の難問も解きやすくなる。難問といっても基本の公式、法則がパズルのように組み合わさっている物が多く、これを解くにはネットワークの発達した脳が得意だからである。

恋愛も「映画」「海を見に行く」といった平凡な誘い方から、「B級グルメの食べ歩き」「珍しい朝食バイキング」といった少し捻った誘いもできるようになる。

現在、2月中旬で受験シーズン真っ盛りかと思う。気分転換に近県、隣県のパワースポットに足を運んだらどうだろうか。

(桜木ヒロキ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る