【都市伝説】『近藤真彦』が静岡県御殿場で逮捕された!?





2019年2月10日、静岡県警御殿場署はコンビニエンスストアの駐車場で男性を殴り、怪我をさせたとして陸上自衛隊富士駐屯地所属の37歳の男性を逮捕した。報道によると、10日午前4時15分ごろ、御殿場市内のコンビニ駐車場で、東京都の柔道整復師の男性の顔を殴るなどし、けがを負わせたとしている。ふたりに面識はなかったという。

さて、このニュースであるが、インターネット上で相当大きな話題になっていた。

それは加害者である37歳男性の名前にあった。なんと、彼の名前は「近藤真彦」!あの80年代スーパーアイドルで、現在はジャニーズ事務所の重鎮、マッチこと近藤真彦とまったくの同姓同名だったのである。




このことから、ネットでは「マッチが逮捕!?」「ジャニーズの大物がついに……」と即座に反応。

また、この事件は2018年9月、男性が自宅のプリンターで印刷したニセの1万円を悪用目的したことで逮捕された男性の名前が「木村拓弥」(※弥の一文字だけ違う)とまるでソックリな状況だったのである。

関連記事

【都市伝説】キムラタクヤ、逮捕!?

さて、今回捕まった近藤容疑者が木村容疑者の時と事情が少々違っていたのはその年齢である。




逮捕当時27歳の木村容疑者が生まれた1992年は、SMAPがようやくメジャーになり始めたばかりだった。一方の近藤容疑者の場合、彼の生まれた頃は「たのきんトリオ」ブーム真っ盛りで、ソロデビュー曲『スニーカーぶる〜す』が大ヒット以後も『ブルージーンズメモリー』『ギンギラギンにさりげなく』と立て続けにメガヒットを飛ばしていた。

また1981年にはマルベル堂のプロマイドの売上が全タレント中、堂々の1位になるなど「マッチ旋風」が日本中に吹き荒れていた時期だったのだ。

つまり、近藤容疑者の名前は現在も活躍するアイドルの近藤真彦に影響を受けたことは明白であり、恐らく両親のどちらかがマッチの熱心なファンだった可能性が大である。

今回の「近藤真彦逮捕」もまた人騒がせな勘違いだったが、ファンにとってはさぞ苛立たしい出来事だったに違いない。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る