【実話怪談】ご案内





Sさんはイベント関連の会社を経営する岐阜県に住んでいる筆者の友人です。彼は学生時代、友人たちと不可解な体験をしました。

「あの体験は思い出したくないですね」、そう言いながら不思議な体験を話してくれました。

岐阜市の某高校の近くにとある公園があるのですが、かつてその一角に古びた小屋がありました。実はこの建物には、不気味な伝説が語られていたのです。

うわさによると、戦争中に軍が捕虜を処刑していた場所であり、行くと呪われると言われていました。ある夜、仲間数人とその小屋に探検に行くことになりました。ですが、いざ現地についてみると、異様な空気がただよっており、Sさんは警戒して小屋の中には入らなかったのです。




不良っぽい友人は強がって「なんだ。みんな怖がりだな。俺は怖くねえよ」と言いながら入っていきました。 最初は 、「おおっ、トイレがあるぞ」「落書きもあるぜ」など声が聞こえていましたが、しだいに声が聞こえなくなりました。

(何かあったのか?あいつ、やばいのか、助けないといけないかな)そんな風にSさんが思い始めた頃、異常に低いテンションで友人が出てきました。

よく見ると左右の目玉がそれぞれ違う方向を向いています。

「おい、いったい、何を見たんだ」、Sさんの呼びかけに答えようとせず不良っぽい友人は、「あの小屋には入らないほうがいいぞ、あの小屋には入らないほうがいいぞ」と繰り返すばかりです。

その後 社会人になったばかりの頃、またしてもこの小屋の話になりました。

「今から行こう」ということになり、友人3名を連れて小屋のある公園に向かった。 車が公園に着くと一人が急に怖がって「俺は行かないぞ、俺は行かないぞ」と言いだしたので、車に残し3名で小屋に向かうことになりました。

すると突き進む3名の前に黒猫が現れました。もの凄く人懐っこい子猫でしたが、どうやら3名を廃屋の方に誘導しようとしているように見えます。




「気味が悪いなぁ、霊か何かに操られているみたいだ」「この猫、あの小屋にさそっているみたいだね」

怖くなったSさんと友人は子猫が降りられないぐらい高い木の枝に放置しました。

「ごめんな、小屋の探検が終わるまで、ここでおとなしくしてくれ」「かわいそうだが仕方ない」

そして再び3名は小屋に向かって歩き始めましたが、目の前にまたあの子猫が出現しました。

「どうやって降りたんだ」「先回りが出来るわけないし」

このS君さんの頭に学生時代の友人の言葉がよみがえりました。

「あの小屋には入らないほうがいいぞ、あの小屋には入らないほうがいいぞ」

あまりに恐くなったので小屋の探検はその場で止めにしたそうです。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る