小学生にチャレンジしてくる妖怪、「挑戦ババア」





これもまたネットで広がっている妖怪である。

名前を妖怪「挑戦ババア」といって、学校帰りの子供たちを捕まえては、じゃんけんやかけっこなどで挑戦してくる。子供たちが勝てば問題ないのだが、もし子供たちが負けてしまうと首を絞めたり、包丁で突き刺して殺してしまうという。

この妖怪「挑戦ババア」には、実在のモデルがあり、60代の一人暮らしの老婆であった。小学生に妖怪扱いされ、家に石を投げ込まれてガラスを割られたり、罵声を浴びせられるなど被害を受けていた。

このような一人暮らしの老人が妖怪のモデルとされることはこれまでに度々報告されている。




あの有名な妖怪「口裂け女」にもモデルになった経営者の女性がいると岐阜県では噂されていた。また「トイレの花子さん」にも学校で亡くなった女の子のモデルがいるといわれている。「人面犬」のモデルは的場浩司の話のネタだとか、つのだじろうの「うしろの百太郎」に出てくる霊能犬ゼロともいわれている。

関連動画
【怪談朗読】「挑戦ババァ」~都市伝説・怖い話~【怪談ラジオ】

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る