エイリアンか…それとも何らかの軍事衝突?インド空軍が撃墜したUFO事件





本アトラスでも度々紹介しているが、空軍がUFOらしき物体に対して緊急発進し、追跡する様子が目撃されている。

この例はアメリカで多く報告されているが、別の国でも興味深い事象が起きていた。

2016年1月26日、インド北東部ラジャスタン州バルメル上空にて戦闘機が未確認飛行物体を確認、撃墜しその破片と思われる落下物が地元の警察によって発見されるという事件が起きていた。落下物はいずれも三角形の金属片で合計5つ発見されたという。

関連動画
IAF Fighter Jet Shoots Down Unidentified Object In Rajasthan






TOP SECRET UFOs chased by U S AIR FORCE JET FIGHTERS

この事件はインド版ロズウェル事件として現地で話題になった。調査の結果、この飛行物体は隣国パキスタンの気象観察用バルーンではないかとされている。

しかし、インドとパキスタンは度々緊張する国家関係でもあるため、一連のUFO事件の裏には微妙な国と国の事情があったのではないかとする見方も存在している。




実際、一部の地元住民からは大きな爆発音が確認できた、空から降ってきた物体が家に当たった事で壁にヒビが入ったという証言もあるからだ。

果たして、このUFOの正体は何だったのか。未だに事件の真相は明らかになっていない。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©India Today/YouTube

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る