進化した人工頭脳で人々を監視!?新型AI「ViV」とフリーメイソン

 人工知能と言えば、一昔前は人間と同じかそれ以上の能力を持つ存在として創作の世界に登場することが多かったが、今では非常に身近なものになっている。

 iPhoneの音声認識AIであるSiriなどがその代表格だろう。学習機能も備えており、ジョークを交えた簡単な会話をすることも可能となっている。




 学習するほどに人間臭くなる事や、「ゾルタクスゼイアン」等の謎めいた単語を出す事もあって、Siriは何らかの陰謀から生み出されたものではないかとする都市伝説も生まれている。

 2016年5月、新たな音声認識AIの「ViV」が発表された。ViVは人間の言葉に込められた意味をより推察することが出来、例えば「レストランで食事がしたい」と告げると近くのレストランを検出するだけでなく、更に予約まで済ませてくれるというのだ。

 進化したAIであるViVはSiri等の進歩を元に、個人情報を収集し人々の思想や行動を統制するために作成されたシステムであるという陰謀論が出てきているのだ。この陰謀の影にあるのは、世界を裏で操っているとされる秘密結社のフリーメイソンである。




 フリーメイソンはコンパスと定規を組み合わせたシンボルマークがあるが、ViVの名前はこのシンボルマークを図案化して付けられたものだとされているのだ。

 あくまで都市伝説、陰謀論でしかないが、確かに個人の情報を集めるのに検索システムを活用するのは利にかなっている事ではある。便利な機能が増える中で、知らない内に支配の根が広がっているのかもしれない。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る