【理解不能?】ハロウィン翌日「馬男」出現!「30分乗ったら無料やで」

神戸新聞の報道によると、11月1日午後5時40分ごろ、兵庫県神戸市内の公園に馬の被り物をかぶった男性が現れ、公園で遊んでいた女子児童に「30分乗ったら無料やで」と自身に乗るよう催促したという。

児童は怖くなりその場から逃走しており、警察は男性の行方を追っている。




男は10代後半くらいで、上下白色の服に茶色の馬マスクをかぶっていたという。

明らかに奇っ怪な事件であるが、おかしな点は多い。季節柄ハロウィンに合わせた変質者と思いきや11月1日はハロウィン翌日、ただのウィークデイである。

また「30分乗ったら無料」というのも「30分以内だったら無料」なのか、「30分の途中で降りたら有料」もしくは「30分超過した瞬間に降りなければ有料」なのか、などのルールが曖昧であるとネットでは話題になっている。




もっとも寒空を馬マスクの男性がひとりで公園にいたら変態仮面なのはほぼ間違いない。

馬に乗っても乗らなくても御用となるのは必至で、本年度の至極印象に残る変質者事件となった。

(文:ミドルサイズパンダ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

※写真はイメージです

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る