伊集院光、金言!テレ東は他局によく企画をバクられるが全然気にしない!!

伊集院光はアトラス編集部でもその言動を常にチェックしている。伊集院といえば山でダイダラボッチにあったり、鵺の正体をレッサーパンダと言い切ったしたり、2度目のプロポーズがロマンチックだったり、配達されなかった軍事郵便を自ら配達したり、数々のエピソードで知られている。

2017年11月27日にTBSラジオで放送された「深夜のバカ力」にて面白い話をしていた。



伊集院は日ごろからテレビ東京の「池の水ぜんぶ抜く」という番組が大好きで、自ら志願してゲスト出演したほどだ。2回目の出演もしたくてたまらないのだが、なかなかスケジュールが調整がつかないらしい。

その伊集院が心から愛するテレビ東京に関して面白い指摘をしている。

テレビ東京が考える企画は、よく他局にパクられる傾向があるらしい。

例えば、テレビ東京始めた大食い番組は、企画をパクった他局の番組を見た中学生が真似て死亡事故を起こた。このことで、大食い番組自体が世間的に問題視され、しばらくの間お茶の間から消滅していた。

またテレビ東京が低予算で作り上げたバスの旅企画、太川&蛭子コンビで好評だった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」も他局にパクられている。他にも、テレビ東京の看板番組「なんでも鑑定団」も他局の番組で真似されている。他にも日本が大好きな外国人をフィーチャーした「YOUは何しに日本へ?」や秘境に住む日本人を紹介する「世界ナゼそこに日本人」など、他局が盗用したと思われる番組は枚挙に暇がない。

しかし、テレビ東京はそんなことを気にしない。常にマイペースでわが道を行く。さらに進化するものの、地味な進化しかしない。それがテレビ東京の魅力なのかもしれない。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事
芦田愛菜『池の水ぜんぶ抜く』八面六臂の大活躍!バラエティ界の救世主!?
貴方のダイエットはどちら派?松村の短期集中型、伊集院の長時間じっくり型
伊集院光も太鼓判!?「アキラ100%」トークも面白い!一発屋にならない可能性

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る