岩に残された「大空のプリンセスの足跡」アフリカ各地に残る巨人伝説

 アフリカ各地には多くの巨人伝説が残っている。しかも、時には物証すら残っているケースがあるのだから興味深い。

 アフリカの巨人といえばサハラ砂漠の白い巨人を以前に紹介した。

 例えば南アフリカには巨人伝説と共に『大空のプリンセスの足跡』が岩に刻まれて残っている。

 その足跡は150センチほどもある人間の左足の足跡なのだ。もし、これが本当に人間の足跡だとすると、足の持ち主は10メートルはあるだろう。ちなみに『プリンセス』と呼ばれている理由は、足形がほっそりしているからだという。

 他にも人間が加工したと思しき巨大な石斧やテーブル・マウンテンにまつわる神話など、巨人伝説は多く残る。

 中央アフリカのチャド共和国にも巨人伝説が伝わっており、現在のチャドの人々も平均身長は非常に高く、一部では巨人の末裔であるため、体格に恵まれているのだとする説もある。




関連動画
Giant Footprint – South Africa

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 動画 ©REVELATION STATION YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る