寒波をもたらす冬の妖精…等々、様々な妖怪を網羅した「大迫力!世界の妖怪大百科」好評発売中!

日本では寒波の厳しい日、「冬将軍」が訪れると表現することがままある。

これと同様の性質を持つ妖怪の伝説がイングランドに残っている。霜の妖精「ジャック・フロスト」だ。なお、海外の妖怪や怪人には「ジャック○○」という名前のものが多数存在しているが(例:ジャック・オ・ランタン、切り裂きジャック、スプリング・ヒール・ジャック等)、このジャックは日本で言う所の「太郎」や「名無しの権兵衛」のようなものだ。




ジャック・フロストの姿は伝説によって様々で、妖精らしく子供の姿で描かれることや、雪男のように恐ろしい姿をしているとされることもある。だが、いずれも雪と氷で出来ており、寒波を操るという特徴を兼ね備えている。冬の寒さが厳しい時はジャック・フロストが暴れているせいだとする話があり、彼が立ち寄った場所には霜柱がつき、怒らせた場合は人を凍り漬けにして死に至らしめるとされている。なお、一方で冬場の窓に氷の花の模様を付けたり、つららを垂れ下がらせたりするともされている。氷や霜による自然の造形も、ジャック・フロストの仕業とされたのだ。

世界中には、同様の雪の妖怪の話が沢山存在している。妖怪の伝説にしても、日本の伝説と似ている物から全く違うものまで様々だ。

「大迫力!世界の妖怪大百科」はそんな世界中の妖怪伝説を網羅したフルカラーの図鑑。原典に忠実で平易な文章は子供にもおススメだ。お子様へのクリスマスプレゼントに豪華な妖怪図鑑はいかが?

大迫力!世界の妖怪大百科
出版: 西東社 (2015/7/8)




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る