畑にUFOの破片が散乱している!?衝撃の正体とは・・・

ポーランドの小さな村に、大小の謎の金属部品が多数散乱。現地ではUFOが墜落したのではないかとして騒動になっているという。
事件が起きたのは5月22日の朝10時頃。ポーランド北部NowaWieśWielkaの市民より、畑の中に謎の金属部品が散乱していると警察に多数の通報が入ったという。

警察の広報担当者によれば、「飛行機の燃料タンクに似た部品」の破片が現場で多数確認されたという。確かに現場の写真には、銀色で流線型の大きな金属の破片が複数存在していることが確認できる。




関連動画
Is this mystery object a crashed UFO? Officials uncover truth behind bizarre crash landing

さて、この破片の正体は何だったのか。ポーランドの民間航空局と全米航空事故調査委員会によれば、この破片はチェコのMiG-15戦闘機が該当する可能性が高いとの結論が出された。

警察の広報担当者によれば、「ポーランドのワビツァで開催された航空ショーに参加し、チェコ共和国に帰還した軍用機のものである可能性が高い。




チェコから来ていた戦闘機のうち1基に、ショーの最中に電気系統の故障が発生。急遽着陸したものの、燃料タンク2つが失われた状態で着陸することになった。この時、燃料タンクがどこに落ちたのか不明だったのだが、今回畑で発見された破片が該当するのではないだろうか」とのこと。

ちなみに不時着したMiG-15戦闘機はパイロットも無事であり、チェコに戻った際に事件を報告、ポーランドの当局にも破片落下に関する警告も行われていたという。なお、発見された破片では燃料タンク1つ分にしかならないとみられており、残る1つの燃料タンクも近郊で発見される可能性が高いそうだ。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©CEN

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る