児童書や漫画に登場するたびに姿が変わるブラジルの妖怪「怪力男サッシー」

「世界妖怪図鑑(立風書房)佐藤有文」には数々のトラウマ妖怪が紹介されているが、中でも昭和の子供を恐怖のどん底に陥れたのは「怪力男サッシー」である。

「ブラジルのジャングルにあらわれる黒人の大男。一本足で怪力無双、しかも人間をみつけると手足をバラバラに引きさいて大地にたたきつける。このザンニンな妖怪は、煙のごとく消えるのでたいじはできない」(原文ママ)

当時のイラストは、人間を片手に握っているサッシーの様子が描かれ、10m近い巨人であることが伺える。




だが、現実にブラジルで伝承されているジャングルに出る一本足の妖怪は「サシ(サシペレレとも)」という名前であり、「サッシー」ではない。また黒人ではあるが、子鬼であり大きくはない。赤い頭巾をかぶり、パイプをくわえている。しかも、この頭巾を奪えば「サシ」のマスターになれ、自由に操れるというのだ。

なお、水木しげるの「悪魔くん」に使徒の一人として登場するが、漫画では一本足がニ本足に修正されている。これは過剰なまでの表現の自粛ではないだろうか。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像は『貸本まんが復刻版 悪魔くん』表紙より




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る