【閲覧注意!】 少女の身体から針が出る

アフリカで奇妙な事件が報告された。

ガーナに住む一人の少女が、ある日腹部やに激しい痛みを覚えた。




何かの病気かもしれないと思った少女が病院に行き、何らかの内臓疾患かもしれないと考えた医師がレントゲン撮影を試みた所、なんと彼女の体に大量の針が埋まっている事が判明したのだ。

勿論、通常であれば人間の体内に針が存在する事などあり得ない。医師は外科手術でこれらの針を撤去しようと考えているが、レントゲンにて確認できただけでも数千はあったため、手術は大がかりなものになると見られている。ちなみに、皮膚直下にも針が存在している事が確認できたため、磁石を体に付けてみたところ、18本の針が出てきたそうだ。

このような事例は過去にも報告されており、2005年にはパキスタンの少女が体中に痛みを覚え、病院に行った所皮下にある針を発見。手術で除去するも、その後も針が出続けて医師を悩ませているという。また、1994年にはブラジルにて少女の体から針が出るという事例が報告されている。




彼女らの事例に関して、医学的には説明が付かないとして現地では呪いや黒魔術の影響ではないかとする見方も存在している。アフリカもパキスタンも、未だに呪術師と呪術の存在が信じられており、彼女たちは何らかの呪いを受けてしまったのではないかと見られているのだ。

果たして、真相はどこにあるのだろうか。

関連動画

SUPERNATURAL! Strange Needles Appear Within Young Girl!





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る