4月4日は「あんぱんの日」、こしあんの上に乗っているのはケシの実!

本日、4月4日はあんぱんの日であるという。

1875年(明治8年)の今日、水戸藩下屋敷に行幸された明治天皇は、それまでは民間から和菓子が献上されていたが、侍従の山岡鉄舟の発案によってあんぱんが呈上された。

あんぱんは銀座にある木村屋の創業者・木村安兵衛と次男の木村英三郎が考案し、1874年(明治7年)に銀座の店舗で販売したところ、空前の大ヒットを記録した。そのヒット商品を明治天皇に献上したのが、1875年の4月4日だったのだ。

関連動画
山口敏太郎の食いしん坊 サンエトワール両国 プレミアムあんパン






山口敏太郎の食いしん坊 豆乳あんパン

ちなみにあんぱんの上に乗っているつぶつぶはケシノミであり、厳密に言うとケシノミが乗っているものが「こしあん」、黒ゴマが乗っているものが「つぶあん」、そして「白あん」には白ゴマが乗っている。

あんぱんと言えば、アトラスでは過去に何度かアンパンマンの記事を掲載している。

「ドキンちゃんはバイキンマンから生まれた」「アンパンマンのマントについている妙な但し書き」「箱根駅伝に乱入した謎のアンパンマン号」「福井で発生した猛吹雪、リアルアンパンマン登場」などが人気の記事である。

(すぐれいち恭介 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『アンパンブック




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る