激しく揺れるロッカー、吹き飛ぶプリント…リアル『学校の怪談』が目の前で!





既に成人している方であれば、学校の怪談が流行ったことを覚えているだろう。

それでなくとも、人気のなくなった夜の学校は不気味であり、何かしらの怪異が起きても不思議ではない雰囲気に満ちている。

そんな学校での怪異が捉えられてしまった!?動画が存在する。

こちらはアイルランドのコーク市に存在する中学校で撮影されたもの。防犯用の監視カメラに記録されていたもので、日時は10月1日の午前3時。週末だったこともあって学校は閉鎖されて誰も入れないような状況になっており、また深夜から明け方だった事もあってまず人はいないだろう時間帯だ。




だが、そんな無人の学校の廊下を捉えていた映像に異変が起きる。まず、廊下に一瞬だけ白い影が映ったかと思うと、左側の壁に設置してあるロッカーのうち一つが、激しく前後に揺れ始める。まるで倒れそうなほどの激しさなのだが、急に揺れが止んだかと思うと廊下に置かれた清掃中を示す看板が吹き飛び、右側のロッカーの扉が開いて中の書類が撒き散らされるのだ。

この動画は地元のケーブルテレビ局でも報道され、ポルターガイスト現象か、いや生徒のいたずらではないかと話題になった。だが、現状動画にもロッカー等にもトリックの痕跡は認められないという。

やはり、幽霊のいたずらが捉えられてしまったのだろうか。真相はいかに?

(加藤史紀 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
School CCTV camera capture terrifying ghost causing havoc in corridors

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る