タカビーなイケメンタレントB、オレは大物 とスタッフを恫喝!

知的なイメージのあるイケメンタレントB。

インテリジェンスとルックスを兼ね備えたビッグスターであり、芸能以外のスポーツや政治経済まで語れる芸能界の逸材である。




しかしながら、その反面、短気で横柄な人間性には、業界内部で度々批判の声が上がっている。

あるテレビスタジオでの出来事であった。

Bは収録前の現場に到着したのだが、全てのスタッフは忙しくて誰も彼のことをアテンドが出来なかった。

5分ほど放置されたBは激怒。そのまま自宅に帰ってしまい、その日の撮影は中止になってしまった。

無論、当日の現場責任者のクビが飛んだのは言うまでもない。

また、ある貸しスタジオでの収録の際、現場に到着したBは受付の女性から「会社名とお名前をお書き下さい」と言われた。その途端、Bの顔色が激変したのだ。

「うちの事務所は○○(大手芸能事務所)だ!オレの顔もしらないのかよ」

と絶叫、警備員が駆けつける騒動になった。もちろん、すぐさま受付嬢はクビになったことは想像に難くないだろう。




しかし、『誰でも自分を知っている』『自分は常に特別扱いされるべきだ』、そんな風に思う輩は傲慢以外の何モノでもない。

コイツも遅かれ早かれボロを出して業界からつま弾きにされるのは目に見えるようだ。

(大山朱姫 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る