UFOが地球人の情報を収集していた!?通信塔上空に出現した緑の物体!

UFOと言えば金属製で円盤状のものを思い浮かべる人が大半だろう。円盤でなくとも何か機械的なものが連想されがちだ。

だが、メキシコで撮影されたこのUFOは従来のUFOとは一線を画す姿をしていた。




問題のUFOは2006年2月5日に撮影されたものである。

通信塔から出たアンテナの上部に、緑色に光る円錐形の物体が存在しているのだ。発光体は半透明で、中に空間があるドーム型になっているように見える。また、青や赤の光を出している箇所もある。

この通信塔はメキシコから世界中に向けてデータを送信する物だという。そんな通信塔のアンテナ上空に出現したということは、我々人間がやりとりしている情報やデータを抽出し収集しようとしていたのだろうか。

このUFOは通信塔に設置されたライトと赤外線ライトの両方によって明らかになり、監視カメラが撮影したものとされている。




レンズゴーストや塔から発された高電圧が捉えられてしまったものではないかとする意見もあるが、正体は不明なままである。

果たして、この写真に写ってしまったものは何だったのだろうか。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

【下段の関連記事もご覧ください】

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る