UFO目撃頻発地帯?英グロスターシャーは宇宙人のサンプルエリア!?

UFOの証言を調査していくと、各国で「特にUFOが目撃されやすい地域」が存在している事がわかる。

日本では石川県羽咋市や千葉県銚子市等が該当する。UFOなんてそんなに頻繁に出てこないだろう、と思うかもしれないが、これらの地域では意外に多くの人がUFOらしき奇妙なものを「見たことがある」と証言している。

海外ではアメリカでの報告が多いが、イギリスやオーストラリアなども目撃証言が多い地域になる。

そんなイギリスのグロスターシャー州は、UFOの目撃証言が集中して報告されているとして欧州のUFO研究家らが注目している地域である。




目撃証言は2011年から出始め、同年1月30日に目撃した人の証言に寄れば、赤く光る3つから4つの謎の光が一緒に現れ、点滅しながら空を横切っていったという。この時目撃者はUFOの姿を動画に納めることに成功している。

また、別の人物は車の運転中に「青や緑色に光る謎の物体」を目撃したという。彼が慌てて車を停車させた所、まだ木の上から動かず浮かんでいたため、何枚かの写真を撮影することに成功したという。

他にもこの地域では同様の、複数の発光物体が狭い範囲に集中して目撃されており、特徴も似通っている事から同じUFOが定期的にこの地を訪れているのではないか、と見られている。

果たしてこのUFOの目的は何なのか。地球上の特定の地域をサンプルとして、調査を行っているのだろうか。

今後も同じUFOが目撃される可能性が高いとして、定点観測や張り込みも計画すべきではないかという意見も出てきている。

関連動画
U.F.O. Lou – ”’TOO CLOSE FOR COMFORT”’ – NOT ‘NOSS’ – (August Skywatch)

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る