【危険】遭遇するだけで生命の危機!?放射線を放つUMA「ジーナ・フォイロ」

未確認生物の多くは、野生動物と同様ないしはより臆病なのか、人間から姿を隠すようにしている事が多い。凶暴そうに見えても、こちらから手出ししたり刺激しなければ基本的には無害なものばかりだ。

だが、中には非常に危険な生物も存在する。アフリカのセネガル南部にて目撃される、ジーナ・フォイロもその一つだ。

ジーナ・フォイロはコウモリのような翼を生やしているが、体は爬虫類、顔は人間に近いとされている。体長は約1.2メートル、目は赤く光り足には三本の鉤爪があるという。夜行性のようで、白い光を発しながら飛ぶとされている。また、ひどい悪臭を放つとも言われている。




ジーナ・フォイロは積極的に人を襲うような生物ではないのだが、それでもこの未確認生物が非常に恐れられているのには理由がある。なぜなら、ジーナ・フォイロを近くで目撃した人は高確率で重篤な体調不良に襲われるからだ。主な症状は息切れや動悸、後に嘔吐や頭痛、下痢やめまい等であり、以降も後遺症に悩まされるケースも存在している。

代表的な例が1995年10月9日にロイド・グメイナー氏が遭遇したケースだ。彼は帰宅途中、家の前で前方から飛んできたジーナ・フォイロを目撃した。この時は一瞬すれ違っただけだったが、そのひどい悪臭をかいだ瞬間に彼の体は硬直。息苦しくなってその場に倒れこんでしまったという。その後、何日も体調悪化に悩まされたグメイナー氏が病院で診断してもらった結果、なんと放射線被曝症状に酷似した症状が出ているとの結果が出たのである。

その後もジーナ・フォイロはたびたび目撃されており、中には壁をすり抜けた、テレポートしたように出現・消滅したという証言も残されている。

普通の生き物にはない特徴を多く持つジーナ・フォイロだが、正体に関してはオオコウモリを目撃した人の体験談に、都市伝説的な尾ひれがついて誇張されたものではないかとする説が上がっている。一種の集団パニックが、未確認生物と言うよりも妖怪めいた特徴をもつジーナ・フォイロを生み出したのではないかという事だ。




しかし、これではグメイナー氏のように実際に体調を崩した人が出ている事への理由が付かない。そこで、実はジーナ・フォイロは地球上の生命体とは全く違う、例えば宇宙人からUFOにて連れて来られたエイリアン・アニマルなのではないかとする説が浮上している。UFOが目撃された地点では放射線異常が観測される事も多いので、ジーナ・フォイロも宇宙から来た存在であるために放射能をまとっているのではないか、というのだ。

果たしてジーナ・フォイロの正体は何なのか。近づくだけで体調不良を引き起こしてしまう危険生物の真相が解明されるには、かなりの時間がかかるのかもしれない。

(加藤文規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る