ネッシーは見つかるのか?ネス湖で大規模な生態調査始まる





スコットランドのネス湖に生息しているとされているネッシーは未確認生物の代名詞的な存在である。伝説は古く、近代になってネス湖周辺の道路が整備されてから目撃証言が増えていった。

先日、本アトラスではニュージーランドの教授によるネッシーの正体に迫る調査計画について紹介した。

今回、いよいよ研究チームによる2週間のネス湖調査が行われるとして注目を集めている。今回の調査では湖の中のDNAを調べ、生息している生物を特定するものとなっている。調査が完了すると、オーストラリア、デンマーク、フランス、ニュージーランドの各研究室に採取されたサンプルが送付され、分析にかけられるという。




今回研究チームを率いるのはニュージーランドのオタゴ大学のNeil Gemmell教授。彼は「私はネス湖に謎の怪物が実際に生息している可能性は低いと考えているが、自らの仮説を検証するために今回の調査を行うことにした。今回の調査はネス湖の生物多様性に関するもので、何かしらの新しい発見があることは間違いないでしょう」と語っている。

ネス湖のネッシーが存在する証拠を探すという点は今回のプロジェクトのフックであるが、恐らくバクテリア等を含む新しい生物種がこの地域で見つかると教授らは信じている。

果たして、今回の調査で何が見つかるのだろうか。多くの人が調査を興味深く見守っている。

関連記事
ネッシーの存在が今年中に判明!?ニュージーランドの研究者がDNA調査

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る