「西城秀樹」と「まる子」のシンクロ関係、『走れ正直者』歌詞の意味とは…

昭和のスーパーアイドル西城秀樹さんが亡くなった。新・御三家として人気を博した西城さんの死は、中高年に大きな衝撃を与えている。アトラスにおいても 西城さんの死に関して「愛と誠の呪い」とか「西城秀樹都市伝説」を報じさせていただいた。

ちびまる子ちゃんのストーリー設定の中では、まるちゃんのお姉さんが熱狂的な秀樹ファンであり、物語でも度々ミニエピソードとして漫画の西城さんが登場する。奇妙なことだが、ここにあるシンクロニシティーが起こっている。




さくらさきこお姉ちゃん役の声優を務めた水谷優子さんが、2016年5月17日に乳がんにより亡くなっている。この死は「ちびまる子ちゃん」のファンに深い悲しみを与えている。不思議なことだが、水谷さん演じたお姉ちゃんが好きだった西城さんも2018年の同じ日、5月17日に亡くなったのだ。

こんな偶然があるだろうか。ちびまる子ちゃんと西城さんの不思議な縁を感じる話だ。

また、ちびまる子ちゃんと西城さんと言えば、91年に発売されたエンディングテーマ「走れ正直者」が思い起こされる。なんとも不思議な歌で不可解な歌詞が記憶にある人も多いだろう。

♪リンリンランラン ソーセージ♪
♪ハーイハイ ハムじゃない♪

この曲はちびまる子ちゃんのエンディングテーマに使用される前に、NTTのコマーシャルソングであった。ゆえに「リンリン」とは電話のベル音である。また「リンリンランラン」とは、70年代に人気のあった香港出身のアイドル『リンリン・ランラン』のことである。さらに「ソーセージ」とはリンリンとランランが双子であったことにかかっている。「ハムじゃない」とはソーセージだから当然であろう。




一見意味は無いと思われた歌詞に、いろいろ洒落がかかっていたのだ。

西城さんの様々な業績に敬意を表したい。お疲れ様でした。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『エッセンシャル・ベスト リンリン・ランラン

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る