暖かくなると現れる?つくしの精霊「彼岸坊主」





 彼岸坊主は東京都八王子市に出たとされている妖怪。

 お彼岸の時期に出てくるもので、「つくしの精霊」と言われている。

 大変小さい小坊主の姿をしており、突如大勢で一斉に湧き出てくると言う。怠け者が家の掃除や先祖の墓の管理を怠った場合に姿を現し、代わりに掃除や片付けを行うと言われている。

 姿形や習性も、日本の妖怪と言うよりは西洋の妖精に似ている所が非常に興味深い。掃除を代わりに行ってくれるところはブラウニやシルキーといったお手伝い妖精や靴屋の仕事を手伝った小人たちの話に似通っている部分もある。

 墓の掃除をしてくれると言う点から考えると、もしかしたら先祖の霊が子孫のだらしない生活態度を戒めに来ているのかも知れない。

(田中尚 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る