【ドラマ都市伝説】高視聴率を狙いたければ…怪優・岸部一徳を起用せよ!





ここ十年ぐらい、各局のドラマ制作陣の間で流れている都市伝説がある。それはある俳優に関する逸話だ。

「岸部一徳を使えば高視聴率が獲れる」

これがドラマ業界で囁かれている新しいジンクスだ。

確かに彼が出演するドラマは高視聴率になっている。フジテレビ系列で放送された「医龍-Team Medical Dragon-」、テレビ朝日系列で放送された「相棒」シリーズも大好評であった。

さらに近年ではテレビ朝日系列で放送されている「Doctor-X 外科医・大門未知子」シリーズ、TBS系列で放送されている「99.9」シリーズも高視聴率をマークしている。また、いずれもシリーズ化しており、今や高視聴率ドラマに岸部一徳ありというのが、合言葉になっているのだ。だからというわけではないが、岸部が刺殺される形で降板した「相棒」シリーズは一時期の高視聴率からダウンしている。

岸部が出るドラマが高視聴率なのは何か秘訣があるのであろうか・・・。




2018年1月12日、TBS系列で放送された「ぴったんこカン・カン」にて共演者たちの口から岸部の仕事に対するスタンスが伺えるエピソードが披露された。

共演者やスタッフたちと一緒に食事に行った時、岸部がこんな言葉を語ったという。

「自分たち出演者からすると、パート1から続いている中の1話かもしれないが、パート2から初めて観る人もいるから第1話目のつもりで頑張ろう」

なかなか言えない一言である。このようなプロ魂溢れる姿勢こそがドラマのヒット、シリーズ化につながっているのだろう。いやはや職人である。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事
人気芸人「カミナリ」、実は明治時代からのタイムトラベラーだった!?
74歳が35歳を演じるなんて酷だ…『眠狂四郎 The Final』視聴者猛ツッコミ!?
番組打ち切りで注目…【ガチャピン都市伝説】、中身は三人死んでいる!?

画像『ドクターX ~外科医・大門未知子~5 DVD-BOX

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る