芸能界都市伝説 板東英二とゆでたまご伝説、ゆでたまごが好きで好きで仕方ない

芸能界一のゆでたまご好きとして知られている板東英二だが、それには理由がある。

終戦当時に住んでいた旧満州から日本本国へと避難する途中、食べ物がなくなり空腹のあまり農家の鶏小屋から卵を盗み、それをすすって空腹を満たした悲しい記憶から、卵が大好きになってしまったという。

板東英二のゆでたまごへの愛は、幾つかのエピソードを生み出している。

1.東京~新大阪の移動中に基本6個が食べる、最高では9個のゆで卵を食べた。

2.かつて健康(コレステロール数値)に配慮してゆでたまごの白身しか食べなかった?その後、コレステロールに影響はないと聞いて、狂喜乱舞した。

3、「板東英二のゆでたまご伝説」という本まで出版

4、板東英二が奨めるゆでたまご専用スチーマーもある

5、ここ十年、顔まで、ゆで卵に似てきた。

ここまで好きな食べ物があるのは、ある意味幸せである。

山口敏太郎事務所





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る