月9、ついにオタクパワーの助力を仰ぐ!東村アキコ「海月姫」がドラマ化

不振が続くフジテレビ系月曜9時のドラマであるが、鳴り物入りで始まった「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」の視聴率もひどい惨敗であった。

さて、2018年1月から異色のドラマがスタートする。

女優の芳根京子(20)が主演する、人気漫画家の東村アキコの代表作「海月姫(くらげひめ)」(月曜・後9時)始まるのだ。芳根はクラゲオタクの倉下月海役を演じるという。

共演には、千絵子役の富山えり子(年齢不明)、枯れ専のジジを演じる木南晴夏(32)、鉄道マニアのばんば役には松井玲奈(26)、そして内田理央(26)が三国志オタクのまやや役という主要キャストの面々だ。いずれもそれぞれがオタクと言う設定である。

おしゃれでトレンドを常に捉えていた月9が、とうとうオタクパワーに頼る時代になったとは感慨深い。どの程度の数字が取れるかはまだ不明だが、今後の視聴率に期待したい。

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『海月姫(17) (Kissコミックス)』」より




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る