火星の表面に謎の球体!?人(またはエイリアン)工物の可能性が大きい





地球に近く、探査機や探査衛星が送り込まれている火星。

水もなく空気も薄い地球に比べて厳しい環境で生命の痕跡も存在しないとみられている火星だが、探査機などから送られてくる画像には、まるで人工物のような物体などが写り込んでいることがある。

本アトラスでも過去に火星表面上の巨大な宇宙船や、彫刻のような謎の構造物等が発見されたりしている。

だが、その大半は風化や劣化、浸食であたかも人工物や生物のように見えてしまうというものが多い。中には画像加工してようやく解るものもある。

だが、この度火星地表で発見されたものは風化や浸食の結果にしては違和感を覚えるものだった。

関連動画
Another Metallic Sphere / Ball Object Found On Mars?






こちらは火星探査機マーズ・オポチュニティのローバーが捉えた画像に写っていたものなのだが、赤い大きな石が多数落ちている所に青みがかった灰色の球体が落ちているのである。大きさはソフトボール大、それこそ砲丸投げの砲丸によく似ている。

発見者はこの物体について「古代の火星でエイリアンが戦った際に使用した大砲の砲丸ではないか」と語っている。もし自然物だとしても、周囲の石などと比較してもかなり異質であるため、どこから来たのか解らないものとなっている。
果たして、この球体の正体は何なのだろうか。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る