国を問わず、全ての人の夢の中に現れる!?謎の男「This Man」とは

今、夢の中でしか会えない「夢の中の男」が世界中で話題になっている。

この男についての情報や報告を集めたサイト「thisman.org」はかなりの人気が出て今も注目されている。




発端は2006年、ある女性が眠っている時に起きた。この女性は寝ている時、夢の中で何度も一人の男を見るようになった。

彼女は、実際にはこの顔の男にはまったく会ったことがなかった。ところが、彼女はたびたび夢でこの男と会い、男は人生のアドバイスまでしてきたという。そして彼女は、この男の顔をはっきりと描くことができたのでスケッチしたのだ。

精神分析医が、彼女が描いた男の顔の絵を机の上に置いたままにしていたところ、別の患者が「この男性は、私の夢によく出てくる男だ!」と言ったのだ。

この意外な事実に驚いた分析医は同僚の医師に相談、再発夢の症状を持つすべての患者に、この男のスケッチを見せることになった。その結果、数カ月以内に4人の患者が、夢の中でこの男を頻繁に見ると断言したのだ。さらに、この男の絵が「thisman.org」で紹介されると、2週間でアクセス数がトップクラスになり、しかも世界中から、自分も夢の中でこの男を見たという情報がよせられたという。




その数は数千人で、少なくとも2000人が夢の中でこの男を見たというのだ。情報を寄せた人の住んでいる地域もニューヨーク、ロサンゼルス、ベルリン、サンパウロ、テヘラン、ローマ、バルセロナ、ストックホルム、パリ、ニューデリー、北京などまさに世界的規模である。

一説には、男性の顔を構成するパーツ一つ一つが非常に個性的なため、人の顔を記憶する際、特に印象に残った部分だけを抽出して生み出された脳内のモンタージュ像ではないかとされている。

(監修:山口敏太郎/田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る