ソマリアの内戦時に目撃された人食いの未確認生物「ヘンティフィア」

 野生動物は警戒心が強く、どんな獰猛な生物であっても、基本こちらから手を出さない限り襲い掛かってくることはない。
 
 それは未確認生物でも同様で、人が襲われてしまうケースは非常に珍しいものとなっている。

 だが、中には度を越して凶暴な未確認生物の報告例も存在している。

 1997年、内戦の只中にあったソマリアにて、謎の凶暴な生物が現れ人を襲うといった事例が報告された。




 その生物の名はヘンティフィア。姿は痩せた狼のようで、白い尾をしていたという。人の血を吸い、襲撃して食い殺すとされており、2週間で6人が食い殺され、8人が負傷するという事態になり、内戦で混乱していた人々は更にこの獣の恐怖にも怯えて暮らさなければならなくなったという。

 この未確認生物は何度か目撃されており、別の証言では大きなアナグマに似ていたとするものもある。




 アフリカにはミツアナグマというアナグマ科の生物が生息しており、ライオンやハイエナ等の捕食生物にも立ち向かう気性の激しさをもっているが、非常に小柄であるためヘンティフィアの特徴には該当しないという。

 内戦で起きた戦闘行為や死体を野犬があさる様子から考えだされたとされる説もあるが、今のところ詳細も正体も不明の生物となっている。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る