【動画】旅客機がUFOとニアミス!?

Googleの地図アプリGoogle Earthには時折奇妙な物体が写り込む事がある。

その大半はカメラのシャッタースピードやゴミ、太陽光の反射などによるものとされているが、中にはそれだけでは説明のつかないものも存在している。




これは座標 32°24’14.46 “N 114°32’57.39” Eと入力すると出てくるものだ。

場所は中国の河南省上空、衛星写真ではちょうど旅客機が飛行中だったようで、飛行機雲を後に残しながら飛ぶ旅客機に重なるように、飛行機のアイコンが表示されている。

だが、問題はその前だ。飛行機の右前方に謎の発光体が存在しており、同じく飛行機雲を伴って上空を飛行しているように見えるのだ。

果たして、この物体は何なのか。もしUFOだったならば、中国上空で旅客機とUFOがニアミスしていたことになる。

これは衛星写真であるため、旅客機がシャッタースピードの関係で二重に写っただけではないかとする説もあるが、その背後に生じている飛行機雲が、後ろの飛行機のものと形状が違うため、やはり別物ではないかという意見がある。




このUFOは2014年に発見されたが.Google Earthは常に情報が更新されることもあって、数年後には姿が消えていることが多い。だが近年ではGoogleはUFOを発見したという情報が流れたその数ヵ月後、3~6か月以内に地図上で確認されたUFOを削除してしまう。

この編集速度が異様に早くなっているため、海外のUFO研究家らは背後にUFOの情報が明らかになることを良しとしない人々がいるのではないかとする説が出てきている。

果たして、この物体の正体は何だったのか。そして今後も、写り込んだUFOは消されていく運命にあるのだろうか。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
UFO Over China On Google Earth Map, May 31, 2014, UFO Sighting News.




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る