先日発表された「恋人にしたい女性有名人ランキング」で3年連続1位を獲得しV3を達成した綾瀬はるかは、過去になんと!スパイ容疑で拘束されたことがあるのだという。




2008年、海外での仕事のためニュージーランドの空港に降り立った綾瀬はるかはゲートをくぐった瞬間、警備員数人に取り囲まれた。

ニュージーランドの空港では当日「アジア人の女性が麻薬の密輸を行っている」との情報が流れており、「アジア人女性」を中心に厳重体制がとられていたのである。

容疑の決め手と なったのは背中に貼り付けていたホッカイロ。これが麻薬にみえたとのこと。

ニュージーランドの警官は、日本のホッカイロの存在を知らず、日本の女優綾瀬はるかのことももちろん知らなかったのである。

綾瀬はるかの必死の説得虚しく、とうとう捕らえられてしまったのである。

その後、綾瀬はるかは一日空港内に拘束され、全裸になり全身あらゆる箇所を調べられたのだが、ようやく容疑が晴れ無事に(?)仕事へ向かえたという。

その事件の2年後、彼女が主演した映画『ハッピーフライト』が公開されたのだが、綾瀬はるかの演技が評価されたのはこの経験が元になっていたからだ、と推測する人も多いとか・・・?

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

綾瀬はるか





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る